「Windows 10 バージョン 1803」を入れてみたら・・・

次期機能更新「Windows 10 バージョン 1803」が完成、“Release Preview”リングへ
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1115967.html

まずは一台を実験台に。
40分ほどゴニョゴニョやって、更新完了。
一見トラブルなし。
違いはさほど分からず。

案の定、前回のバージョンアップ時と同様に高速スタートアップが[ON]になっているので、[OFF]にしておく。

しばらく放置していたら、画面が消えた!
「画面とスリープ」の時間設定は両方とも「なし」にしてあったのに、画面が15分になっていました。

「らじる★らじる」を聴こうとしたら、音が出ない?
サウンドドライバーがすり替わっていました。
Realtek のドライバはエラーもたっていなくて入っているようですが、詳細をよく見ると追加設定が必要って書いてある。
マザーボードのサポートサイトで[ Realtek HD Audio Driver ]を落としたが、うまく当たらず同じ状態。
以前、インテルチップのサウンド関係で同じようなことがあったので、ひょっとしてと思い、AMDのサイトから自動でドライバを当てたらピンポン!!でした。
出力デバイスが[ AMD High Definition Audio Device ]に変わって、無事に音声が出るようになりました。

まだ何か潜んでいそう・・・。
は~~~、先が思いやられる。

カテゴリー: ぶつぶつ, パソコンのトラブル パーマリンク

コメントを残す