東芝のラップトップに多いブート不可能な謎の症状

4月に入って以降、東芝の一部ラップトップでブートできなくなる症状が出ている模様。
Windows10 のアップデートが怪しいが、詳細は不明です。
セーフモードにも入れず、復元ポイントがあっても戻れない。
お手上げで、HDDからSSDにクローンをかけたものを消去し、クリーンインストール。
Windows10のインストールは問題なく終わっているのにSSDがブートできなくなってしまいました。
( Secure Erase をかけなかったせいかも知れないが、準備が出来ていなかったのでこの時は試しませんでした)
仕方がないので、新しいHDDにクリーンインストール。
こちらは問題なくブートしてくれました。
元のHDDからデータをコピーしてとりあえず使えるように。
なかなか厄介なトラブルのようです・・・。

※後ほど
ubuntu の GP でSSDを覗いてみたら、C:ドライブ以外のパーティションで何かが起きているみたい。
空っぽになっていたり、エラーが出ていたり。
C:ドライブのパーティションが大丈夫そうなのが不幸中の幸いです。

自作パソコンのデスクトップでも同じようなものが持ち込まれた。
これもWindows10の更新後ということでしたが、一体何が原因なんだろう?

カテゴリー: パソコンのトラブル パーマリンク

コメントを残す