カスペルスキー vs ノートン : KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED ブルースクリーンの犯人

起動後しばらくするとブルースクリーンで落ちるパソコンを預かった。
最初に出くわしたのは「KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED」でしたが、それ以外のメッセージで落ちることもあるようです。
HDD を外して念のためにクローン作成。
まず、メモリテスト。異常なし。
ubuntu を立ち上げてみたがこれも異常なし。
HDD のクローンで起動したが、同様の症状を確認。
ネット接続を切っておけば少し落ちるまでの時間が長くなるような気が・・・?
ブルースクリーンが出る前にインストールされているアプリの確認。
確認できていたカスペルスキーと、未確認だったノートンが同居していました。
別のパソコンを使い、公式サイトから「ノートン削除/再インストールツール」をダウンロード。
ツールのオプションで「削除のみ」を選び、ノートンとサヨナラしたら平和なパソコンに戻ってくれました。
さっきまでの絶不調が嘘のように回復。
動作確認を兼ねた WindowsUpdate をして、修理完了です♪

カテゴリー: パソコンのトラブル パーマリンク

コメントを残す