SSDは思った以上に発熱する

先日組み上げた小っちゃなパソコン。
メインの SSD は M.2 、サブの SSD は2.5インチ、バックアップ用に1TBのHDDを積んでいます。
温度を常時監視していて感じるのは、2.5インチSSDの温度が思った以上に上がること。
アイドリング時に40℃くらい、ちょっと負荷をかけるだけで50℃を軽く超えます。
ケースに入っていてうまく冷却する手段が無いので、ちょっと気になりながら使っています。
M.2のほうはヒートシンクが思ったよりも効いているようです。
ヒートシンクは価格も安かったので、費用対効果は高いと思います。
シリコンの輪ゴムがどれぐらい持つのかが少し気がかりな点です。
切れたらヒートシンクが外れて、どこかでショートしそう・・・。
小型パソコンこそM.2のヒートシンクを標準実装してほしいものです。

カテゴリー: ハードウェア パーマリンク

コメントを残す