珈琲焙煎機改造メモ

私は機械いじりが大好きです。
「ここをこうしたら・・・」と閃くとあまり考えずに改造に走ります。
以下は私的なメモ書きですので、参考にするにとどめて下さい。
もし改造される場合は自己責任でお願いします。
ご質問も受けかねますので悪しからず。

微圧計の取り付けに始まり、サーモスタットの取り付け、半自動制御化と進化中です。

焙煎機の構造は世の中が進化している現在もまるで化石状態。
焙煎職人を温度調節の煩わしさから解放するべく格闘中です。(笑)

これでハンドピックに専念できます♪

  1. 微圧計の取付
  2. ガスバーナー用サーモスタットの取付
  3. 自動制御への道(1):ワンボードマイコン「H8/3052F」
  4. 自動制御への道(2):旭計器株式会社「A5000シリーズ」
  5. 自動制御への道(3):高温側リミッター回路の変更
  6. 自動制御への道(4):圧力センサー「コパル電子PA-400シリーズ、PZ-30」
  7. Arduino
  8. 比例制御電磁弁:日本アスコ株式会社「PosiFlowシリーズ」
  9. 予測は難しい・・・
  10. 電磁バルブ
  11. メイン電磁バルブ変更:ビュルケルト株式会社「Type 2833 – 比例バルブ」
  12. 電磁弁の比例制御