エスプレッソマシン考

マシン選びについて

・カタログでは「何気圧」かけられるかを強調していますが、この数値は参考にしかなりません。
(あまり非力なのも困りますが・・・)
ボイラ容量が大きい方が立ち上がりに時間がかかるものの抽出は安定しています。




・ポッドは手間もかからず便利ですが、クレマを楽しむのなら粉専用のエスプレッソマシンを。
コーヒーミルでその都度挽くのがおすすめです。
粉は挽いたその場から劣化していきます。香りや二酸化炭素は急速に抜けていきますので必要な分量をこまめに挽くようにしましょう。
賞味期限は厳密に言うと粉にしてから2時間程度です。時間が経つほどクレマの出が悪くなり、珈琲液の抜けも悪くなります。





・良いクレマ・香りを楽しむためにも出来れば挽きたての粉を使用したいものです。
一度に1~2杯程度で有ればポーレックスのセラミックミル(手動)が安価でおすすめです。
電動の本格的なものはたしかに便利ではありますが、静電気で粉が飛び散ったり、無駄が出やすくあまりおすすめしません。特にドーサ付のものなどは100g程度を溜める仕組みになっていますので、消費量が少ない状態での利用は粉の鮮度の点からもあまり好ましくありません。




エスプレッソを本格的に楽しみたいと考えるなら業務用マシンをド~ンと奮発するのも悪くない選択肢だと思います。
一度業務用マシンを操作してみると、家庭用のマシンの造りがいかに貧弱かを思い知らされます。
長年使用することを考えると、投資に見合うだけのことはある・・・と、思うの・・・です・・・が・・・!?とにかく手軽に飲みたい方には少し高いけれど、全自動マシンがおすすめ。
豆と水をセットしておけば、ボタン一発でエスプレッソが楽しめます。
ただしフレンチの豆は苦手なマシンが多いようです。(豆が大きくて軽いのでミルにかかりにくい模様)
挽きたての珈琲が自動的に出てくる便利さに慣れると、家庭用の手動エスプレッソマシンには戻れなくなります。